MENU

ミライコイングリッシュで後悔した?デメリットはある?利用して気になった5つのこと

「ミライコイングリッシュを購入して後悔することってある?」
「ミライコイングリッシュを購入するデメリットは?」

こんにちは、アラレぽです!

アラレぽ

現在「ミライコイングリッシュ」の利用歴は1年4ケ月です!

「ミライコイングリッシュ」と検索すると、「後悔」「評判」「効果」など親御さんが心配されるワードが表示され少し不安になりますよね。

ミライコイングリッシュは、「Worldwide Kids.」「こどもちゃれんじEnglish.」「ディズニー英語システム(DWE)などに比べ新しい英語教材です。

その為、他の教材に比べると実際の利用者がまだまだ少ないんですよね。

アラレぽ

私も当時購入するか迷っていた時、実際に長く利用している方がおらず不安な気持ちがありました

なので、実際に無料でもらえるサンプルDVDを見たり、ミライコイングリッシュはのコンテンツを使ってみたりして、最終的に判断をしました!

そして現在の利用歴は1年4カ月!

アラレぽ

学生時代に英検4級に落ち英語に苦手意識を持った私が、1年以上毎日続けられたなんて、自分としてはものすごくびっくりしています(笑)

率直な感想を申しますと、ミライコイングリッシュを買って後悔したことはないです!

使い始めは「失敗したかなぁ」と思う出来事もあったのですが、ミライコイングリッシュを使うデメリットは全く感じていませんね。

アラレぽ

我が子は毎日メインキャラクター「ポー」のぬいぐるみパペットをリュックに入れ、朝から寝るまで持ち歩くほど大好きです!

ただ、いくつか「ここ気になるなぁ~」と、個人的に思う部分があるので今回は、「ミライコイングリッシュを実際に1年以上使って気になった内容」を全てまとめてみました!

目次

ミライコイングリッシュを利用して気になった5つのこと

それでは早速、ミライコイングリッシュを1年以上使って気になった5つのことを紹介していきたいと思います。

  1. 言葉が理解できない月齢には内容が少し難しい
  2. アウトプット出来る環境が足りない
  3. 子供に注意喚起が必要な映像がある
  4. 子供が違った意味で捉えそうなイラストがある
  5. 保証期間が短く低年齢には扱い方に注意が必要

1.言葉が理解できない月齢には内容が少し難しい

1つ目は、言葉が理解できない月齢には内容が少し難しいところです。

ミライコイングリッシュの対象年齢は0歳~8歳までと幅広く設定されている為、小学生でも楽しみながらしっかり学習できる内容になっています。

アラレぽ

ちなみに他の教材はこんな感じです!↓

  1. 妊娠中~6歳:Worldwide Kids.
  2. 0歳~6歳:こどもちゃれんじEnglish.
  3. 0歳~8歳:ミライコイングリッシュ
  4. 0歳~12歳:ディズニー英語システム(DWE)

0歳の赤ちゃんと8歳の小学生が同じ教材を使うわけですから、低月齢の子供には難しい部分が出てくるのも必然かなと思います。

アラレぽ

逆に言うと、今低月齢の我が子が興味を示しずらい映像は、大人の私が見入ってしまう程なので、8歳の子供でも楽しく取り組めるところには納得です!

子供の成長を感じずらいと親の方が先に飽きてしまうなんてこともあると思います。

だからこそ子供が日々成長し、ある程度会話やお話が理解できるようになるまでの期間は1つの大きな壁といえますね。

私も子育ては初めてなので、正直まだまだ分からない事ばかりです。

ですが、赤ちゃんだと思っていた我が子が1歳になる前には意思疎通できていることが分かりました。

「言葉で表せなくても意味が分かっている」と知った時には「もう赤ちゃんじゃないんだ!」と大人では考えられない程の成長の早さにびっくりしました!

もう本当に、子供はスポンジが水をグングン吸うように、どんどん成長していっちゃうんですよね!

アラレぽ

あっという間に成長しているので、サイズ感以外はもう赤ちゃんじゃない!と思ってます(笑)

やはり、ある程度言葉が理解出来る月齢まで、保護者が飽きずに継続する必要性は強く感じました!

2.アウトプットできる環境が足りない

2つ目は、アウトプットできる環境が足りないところです。

ミライコイングリッシュにはDVDやCDの他に、登録するだけで誰でも使える無料「ミライコオンライン」があります。

Miraico English ONLINE
アラレぽ

簡単に説明すると、「映像と連動するオリジナルの教材」を「オンラインで無料提供」してくれているんですね!太っ腹すぎます!

※「ミライコオンライン」の詳細が気になる方はこちらからどうぞ!

しかし、英会話のように英語がネイティブな人と対人でやり取りができるコンテンツは無いので、「英語を話せるレベルでの習得」と考えると、アウトプット出来る環境が足りないなと感じています。

「英語を少しでも身近に感じてほしい!」と言ったニーズにはぴったりですが、英語をコミュニケーションツールとして実用的に使うことを目標にしている場合は、やはりアウトプットできる場所がとても重要になってきますよね。

リスニングやインプットだけでは、英語で会話や返答が出来るほどの能力は中々身に付きません。

やっぱり、家族が日常的に話さるのが1番良い環境ではありますが、日常生活で英語を使う環境が身近にない場合は、アウトプットする場を他で補った方が良いと感じています。

冒頭でお話しした通り、私は英語が物凄く苦手です。

特にネイティブな発音は単語と単語がつながって聞こえる為リスニングは本当に苦手でした。

しかし、ミライコイングリッシュをはじめとする英語教材や、YouTubeの無料英語教材(動画)を毎日聴いているおかげで、学生の頃より確実にリスニング力がついたのは感じます!

もちろんまだ英会話できるレベルではありませんが(笑)子供への語りかけ(簡単な英語での声かけ)は勉強しながら少しずつですが出るようになってきました!

アラレぽ

もし子供がこのまま英語を楽しむことが出来たら、アウトプットする場を増やすために時機を見てオンラインの英会話スクール等、子供と一緒に楽しんでみようと思っています!

3.子供に注意喚起が必要な映像がある

3つ目は、子供に注意喚起が必要な映像があるところです。

人それぞれ色々な見方があると思うのですが、私個人的には、

「これ真似してほしくないなぁ」
「こう思ってほしくないなぁ」

と感じる映像がいくつかありました。

「Hide-and-Seek」

例えば、家族とかくれんぼをする「Hide-and-Seek」の映像です。

家の中でかくれんぼをする子供目線のお話なのですが、お母さんの隠れていた場所は、、、

なんと台所のシンク下です!

アラレぽ

あまりに独特な隠れ方をしているので、私も初めて見た時は笑ってしまいました(笑)

でも、台所のシンク下って包丁や調理器具とかもあるので、結構危ないですよね。

なので子供は今まだ理解出来てはいませんが、「台所は危ないから隠れちゃダメだよ!」と映像を見ながら伝えるようにしています。

「”Big” ”Small”」「”Long” ”Short”」

他にも、「”Big” ”Small”」というとっても可愛くて分かりやすい映像がありまするのですが、大きい方が笑っていて、小さい方が悔しいような悲しいような顔をしているんですね。

私はこの映像を見て、子供にとって「大きい方がいいんだ!(偉いんだ)」と視覚的に印象が残ってしまうのではないか?と思ったわけです。

「”Long” ”Short”」でも同じように、長い方が笑っていて、短い方が悲しんでいるように見えますよね。

アラレぽ

私がもともと身長にコンプレックスを抱いていたから気にしてしまうのかなぁとも思いましたが(笑)別に小さいからって悲しい気持ちになる必要はないですもんね!

なので、このような比較の映像を見るときは「大きくても小さくても同じボールだね!」など声をかけています。

注意喚起といったら大げさかもしれませんし、私の気にしすぎもあるかと思いますが、子供って見たものをすぐに吸収して真似しますよね。

アラレぽ

我が子ももうすぐ2歳になりますが、私の口癖はすでに習得していますしね(笑)

なので、もし一緒に見ながら気になることがあったら上手く伝えてあげれると良いかもしれないです。

4.子供が違った意味で捉えそうなイラストがある

4つ目は、子供が違った意味で捉えそうなイラストがあるところです。

たとえばこちら↓の映像です。

こちらはミライコイングリッシュに収録されている「フォニックス映像」の切り抜きになります!

パッと見ただけでは、

「子供が遊んでいる?」
「子供が手を振っている?」

ようにも見えますよね!

しかし、実際に伝えたい単語は「ワゴン」です(笑)

他にも、「お医者さん?と、警察官?警備員?」と思われるこちら↓の映像。

コチラの映像で実際に伝えたい正しい単語は「ユニフォーム」でした(笑)

聞いたあとは、「あぁなるほど~!」となりますが、子供の見方や感じ方は無限大なので「違う意味で単語を覚えそうだな~(笑)」と感じました。

アラレぽ

というのも、実際に我が子はディズニー英語システムの資料請求で貰った「ABCポスター」に出てくるイラストを間違った覚えていたんです!

「あくび(yawn)」のイラストを見ながら、手を口に当て「あーわーわーわー」といっていました!

気持ちは凄い分かりますよね(笑)

楽しそうにやっていたので「違うよ!」と否定はせず、試しに私が実際にあくびをしたときなどに、「“yawn”」と言い続けてみました。

アラレぽ

すると最近は「yawn」という単語を聞くと、あくびの真似をするようになりました!

このように、イラストだけをみて判断する小さい頃は、そのイラストの意味が子供ならではの目線でインプットされてしまうこともあります。

異なった意味で覚えてしまいそうなときは、何を表しているのか否定しない方法で、うまく伝えてあげる必要があるかなと感じています!

5.保証期間が短く低年齢には扱い方にに注意が必要

5つ目は、保証期間が短く低年齢には扱い方に注意が必要なところです。

ミライコイングリッシュを正規購入した場合「保証」が受けられます!

アラレぽ

やはり、子供が使う教材となると、「傷つく・壊れる・破ける」などは避けずらいのでありがたいですよね!

ただし、その保証期間は購入から2年間

保証してくれるのは「DVDディスク」の交換のみです。

個人的にはミライコイングリッシュの目標が「1日30分を2年間継続して見ること」なので、保証期間も同様に2年間になっているのだと思っていますが、2年間は少し短いなぁと。

その理由は、子供が低年齢の頃に購入した場合、子供が思いっきり教材に触れられる頃には「2年間の保証期間が終了してしまう」なんてことも起きるのではないかと思っているからです。

でも、逆に言えば保証期間内であれば「触らせても良い=DVDが壊れても問題ない」と解釈もできるので、保証期間が終わる前に、傷がついたDVDやCDを全て交換するといった利用方法はできますね!

アラレぽ

個人的には英語教材を通じて、英語力だけではなく表現力や意思決定力(自己決定力)も伸ばせると思っているので、保証は英語教材を選ぶときにの必須条件にしています!

保証以外にも、低年齢が使うには扱い方に注意が必要な部分もあります

例えば、ミライコイングリッシュには、DVDに付属している「できたよシール」というものがあります。

ミライコイングリッシュの大きな特徴の1つで、毎日DVDを30分見たあとDVDパッケージの内側にシールを張り、子供のやる気をアップさせるという子供心を鷲掴みする仕組みです!

アラレぽ

子供にとっては食後のデザートのようなお楽しみですよね!

しかし、DVD裏側の注意書きにもある通り、誤って口に入れてしまった場合、窒息や誤飲の危険もあります

何でも口に入れてしまう低年齢の子供が使う場合は、取り扱う際より注意が必要になります

その他、登録するだけで誰でも使える無料教材「ミライコオンライン」も、タブレットやパソコンを使ったり、データをプリントして使うコンテンツが多いので低年齢のお子さんが一人で扱うには難しいものが多いです。

我が子にも試しましたが、映像よりもタブレットやパソコンの方に興味を示してしまい、叩く・噛む・舐めるのオンパレードでひやひやしました(汗)

プリントして使う教材も内容ではなく紙に興味を示し食べていたので、0歳〜2歳(少し落ち着くと言われる3歳)頃までで使用する場合は保護者の方と一緒に使う必要性を強く感じます。

アラレぽ

我が子もまだまだ何でも口にしてしまう年齢なので、できたよシールとDVDを取り出したあとの、DVDケースだけ触らせています(笑)

こちらがDVDと出来たよシールを抜き取った中身が空のDVDケースです

DVDケースは保証対象外ですが、並べるとパズルのようになるので子供は喜んでならべて遊んでいます!

思っていたよりもケースが良い素材で柔軟性と耐久性もあり安心です!

開けると表紙が出てしまうのと、噛みつくとビニール部分が欠けたりよだれで染みたりするので、その点だけ注意が必要ですね!

アラレぽ

できたよシールはシールが張れるようになったら一緒に楽しみたいと思っています!

ということで、以上がミライコイングリッシュを利用して気になった5つのことでした!

【まとめ】工夫次第でデメリットは補える

記事のまとめ

  1. アウトプットできる環境が少ない
  2. 英語を日常的に使えるレベルでの習得は厳しい
  3. 低月齢(0歳~3歳)で購入した場合注意点がいくつかある

実際に1年4カ月使ってみて、気になった事はありましたが、

  • 保護者である私が飽きずに子供と楽しむ
  • 子供の成長を見守りながら成長に合った接し方をする
  • とにかく毎日英語に触れる(CDのかけ流しやYouTubeでもOK)

現在もこの3つのポイントを抑えて日々継続を意識しています。

最初にもお話しした通り、ミライコイングリッシュを買って後悔したことは個人的にはありません!

2020年度から、小学校での英語教育が必修化されました。

小学校3・4年生で「英語に親しむ」という目的で、外国語活動がスタートします。

アラレぽ

だからこそ、小さいころから少しでも英語に触れ、「英語=勉強」ではなく「英語=楽しいもの」として認識してくれたら嬉しいですよね!

私は結婚するまで、指導者として「自己パフォーマンスを最大限に引き出す方法」を伝える仕事をしてきました。

指導をする上で大切にしてきたことは、

「一人一人に合った方法を見つけること」
「アドバイスをする前に必ず褒めること」
「与えるべきものを必要な分だけ与えること」

「ぐっとこらえて見守ること」
「根気よく繰り返し伝えること」

この5つです。

でもこれって、子育てでも有効な方法だと思いませんか?

「子供の成長を観察しその子に合った方法を見つけサポートする」

もしママパパが英語が得意でなくても、子供の成長を観察しサポートすることはできますよね。

英語教材は「子供の成長をサポートする1つの材料」です!

もし様々な英語教材の中で、ミライコイングリッシュを購入するか迷っているのであれば、まずは、「勧誘のなしで無料でもらえるサンプルDVD」を見せて子供の反応を観察するのが良いと思います!

→勧誘なし!無料で貰えるサンプルDVDについてはこちらから!

ということで、今回はこの辺で!

今回の記事が少しでもお悩み解決に近づいていたら嬉しいです!

今日も自分にご褒美を!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次