母子手帳っていつ、どこでもらえる?母子手帳のもらい方まとめ!

2021年5月23日妊娠初期,母子手帳

あなたは、「母子手帳っていつどこでもらえるの?」と悩んでいませんか?

「妊娠したかな?」と思ったら、まずは産婦人科へ向かうと思います。

妊娠が確認できたら、母子手帳をもらうわけですが、いつ、どこで受け取るのか、初めてだとわからないですよね。

この記事では、ちょっと人には気きづらい、母子手帳のもらい方について紹介したいと思います。

知っている人からすれば、そんなことも知らないの?というリアクションを受けそうですが、初めての妊娠でしたらわからなくて当然です。

安心してみてくださいね。

アラレぽ
アラレぽ
私は初めて妊娠した時「母子手帳は産婦人科の先生からもらえるもの!」だと思っていたため、相当びっくりししました(笑)最後に私がやらかした失敗談ものせておきますのでお楽しみに!

母子手帳(母子健康手帳)がもらえるタイミングは4つ

母子手帳(母子健康手帳)がもらえるタイミングですが、実は法令上定められていないんですね。

しかし、もらえるタイミングの目安があるので4つご紹介します。

母子手帳がもらえる目安4つ
  1. 赤ちゃんの心拍が確認できた時
  2. 妊娠してから約8週目前後
  3. 厚生労働省で推奨されている妊娠11週以下
  4. 多胎妊娠の場合は11週以降になる場合も

①赤ちゃんの心拍が確認できた時

まず1つ目の目安は、「赤ちゃんの心拍が確認できた時」です。

心拍が確認できたタイミングで先生から「母子手帳をもらってきてください」と言われ、その後母子手帳を受け取りにいくケースが多いようです。

早い人で妊娠5~6週頃からわかるようですね。

つわりが始まるのも、早い人で5〜6週頃が多いので、 最終月経開始日から約1カ月半頃が1つの目安といえると思います。

アラレぽ
アラレぽ
ちなみに私は10週頃につわりが来ました!

最終月経開始日は、妊娠0週0日です。0日(妊娠0週)~6日後(妊娠0週6日)まで数え、7日が経過するたびに1週ずつ増えていくことになります。

大体の妊娠週数を知るために最終月経開始日を把握しておくと良いですね!

②妊娠してから約8週頃

2つ目の目安は、「妊娠してから約8週頃」です。

赤ちゃんの器官形成期、つまり神経や身体そして心臓が作られ始めるのは「妊娠5週~11週頃」なんですね。

その為、妊娠5~6週あたりでは、多くの赤ちゃんがまだ心拍が確認できない状態となります。

心拍が確認できないと「2週間後にまた来てください」と言われることが多い為、妊娠7~8週が、2つ目の目安となるわけです。

生理がこないなぁ~と思うころ頃って、予定日より数日~1週間頃ですよね?

つまり妊娠していた場合妊娠5週あたりになります。

妊娠5週頃に産婦人科を受診した場合、超音波検査で子宮内に胎嚢(たいのう)という赤ちゃんの袋があるかないかを確認し、胎嚢が確認できれば妊娠も確定するわけです。

アラレぽ
アラレぽ
私も先生から「妊娠していますね!」と言われ、思わず心の中でガッツポーズしましたが、心拍が確認できなかったため、再検査となりました!

このパターンが非常に多いので、心拍が確認出来なくてもあまり心配しないでくださいね。

③厚生労働省で推奨されている妊娠11週以下

3つ目の目安は、「厚生労働省で推進されている妊娠11週以下」です。

最終月経開始日が合っている場合、おおよそ妊娠8~9週までには心拍確認が出来るといわれています。

しかし、最終月経開始日が間違っている場合、妊娠8週頃の再検査でも心拍が確認できないことあります。

ネットでは大体8週前後と書かれていることが多いので、検診に行き2回連続で心拍が確認できないと、早期流産の心配も出てくるかと思いますが、厚生労働省では、妊娠11週以下の妊娠届出を勧奨しています。

・妊娠届出は、母子健康手帳の交付や妊婦健康診査、両親学級、産前産後サポート事業などの母子保健サービスが適切に住民にゆきとどくよう、市町村が妊娠している者を早期に把握するための制度である。

・法令上、妊娠届出時期について時限は定められていないが、厚生労働省では、妊娠11週以下の時期の届出を勧奨しており、平成30年度には93.3%の妊婦が、妊娠11週までに届出を行っている。

令和2年度の妊娠届出数の状況について

「母子の健康を守るためにも、妊娠11週頃までに届出を行ってくださいね」ということですね。

アラレぽ
アラレぽ
つまり厚生労働省のデータによると、11週頃までには93%以上のお母さんが母子手帳を受け取っているということになりますね

やはり心拍が確認できないと不安になると思いますが、赤ちゃんの成長にも個性があります。

子育てはじっと待ち信じて見守るということが本当に多いですので、あまり深刻になりすぎず、ゆったりとした気持ちで待ちましょう。

④多胎妊娠の場合は11週以降になる場合も

4つ目の目安ですが、「多胎妊娠の場合は11週以降になる場合」もあるんですね。

多児妊娠とは、双子ちゃんや三つ子ちゃんを妊娠した場合です。

多くは妊娠が確定するときに分かるそうですが、隠れていたり見づらかったりと後から発覚する場合も多く、こちらも個人差があるそうですよ。

アラレぽ
アラレぽ
ちなみに、母子手帳は子ども一人につき一冊なので、双子ちゃんの場合は2冊、三つ子ちゃんの場合は3冊になります!

つまり、もし妊娠が別々に発覚した場合は、母子手帳があとから増えることもあるわけですね。

先生によっては「赤ちゃん全員の心拍が確認出来てから」という場合もあるそうなので、先生の指示に従いましょう。

母子手帳がもらえる場所

母子手帳がもらえる目安は分かりましたね。

では続いて、母子手帳がもらえる場所について紹介します!

母子手帳もらえる場所は市区町村の役場・総合保健センター

母子手帳がもらえる場所は、市区町村の役場総合保健センターです。

アラレぽ
アラレぽ
病院では受け取れないんですね(笑)

ただし交付してもらえるのは、ご自身が住民登録している自治体のみですので、その点だけ注意してください。

とはいっても、「役場が遠い」「体調が悪い」「コロナが心配」「今は住民登録している場所に住んでいない」など、中々受け取りに行けない方もいらっしゃいますよね?

大丈夫です!

最近は、土日に取り扱ってくれる役場も増えましたし、委任状があれば代理の方の申請でもOKの場合が多いです。

アラレぽ
アラレぽ
自治体によっては、郵送を扱ってくださるところもあるみたいですよ

役場や保健センター以外にも、交付可能な自治体もありますので、気になる方は住民登録のある自治体や保健センターに確認してみましょう。

母子手帳をのもらい方(受け取りまでの流れ)

最後に母子手帳のもらい方について紹介します。

母子手帳のもらい方(受け取りまでの流れ)
  1. 病院で母子手帳をもらってくるように指示される
  2. 市区町村の役場総合保健センターへ行く
  3. 妊娠届を提出する(本人確認あり)
  4. 母子健康手帳と妊婦健診助成券を受け取る

①病院で母子手帳をもらってくるように指示される

まず初めに、ほとんどの場合、病院で母子手帳をもらってくるよう指示があります。

記事の途中で少し触れましたが、厚生労働省では妊娠がわかり次第、早めの妊娠届出を推奨しています。

アラレぽ
アラレぽ
妊婦さんへしっかり説明をするという決まりがあるので、あまり心配せず病院の先生の指示通りに動けば大丈夫ですよ!

「健診にはお金がかかるから」と、届け出ない方もいらっしゃいますが、母子手帳と一緒に「妊婦健診受診補助券」を受け取ることが出来ますので安心してくださいね。

詳しくは③で説明します!

②市区町村の役場や総合保健センターへ行く

病院で説明を受けた後は、市区町村の役場や総合保健センターへ行きます。

時間がない場合は、健診後後日改めていっても良いですが、時間があれば同日に行ける準備をしておくと良いかもしれません。

コロナの関係で時間等が変更している場合がありますので、必要書類等も含めあらかじめ確認しておきましょう。

主に必要なものを書いておきますね。

  1. マイナンバーカード(個人番号カード)
    • 母子保健法施行規則により、平成28年1月から、妊娠届にマイナンバー(個人番号)の記載が必要になりました。
  2. 本人確認証明が出来るもの(写真付き)
    • 運転免許証、パスポート、住基カードなど。
    • 写真付きの本人確認証明をお持ちでない時は、健康保険証など身元確認の取れるものが2種類必要な場合があります。
  3. 印鑑(シャチハタ不可)
    • 本人ならサインでOKな場合もありますが、今後病院での出産手続きなど使う場面も増える為持っておくと安心です。
  4. 妊娠届出書
    • 届け出の当日受付等でもらえますが、郵送の場合などダウンロード&印刷しての使用もOK。
    • 医療機関で発行されることもあります。その場合はそちらを使用しましょう。
  5. 委任状(代理の方が届け出る場合のみ)
    • 事前に用紙をもらっておくか、ダウンロード&印刷して妊婦さんご本人に書いてもらっておく。

※各自治体で必要書類は変わりますのでご確認ください!

ネットで「妊娠を証明する書類が必要」と書かれていることがあるのですが、私はそういった書類はもらいませんでした。

ただし、自治体で必要となる場合もありますので、わからない事などは病院や役場に問い合わせましょう。

③妊娠届出書を提出する(本人確認あり)

市区町村の役場や総合保健センターへ行ったら、受付を済ませ、妊娠届出書を書き提出します。

私が書いたときの内容としては、以下のような項目がありました!

  • 出産予定日
  • 妊娠週数
  • 診断を受けた病院名、所在地
  • 分娩予定の病院名、所在地
  • 分娩経験の有無

必要項目を記載し提出すれば手続き完了です!

④母子健康手帳と妊婦健診助成券を受け取る

手続きが完了すると、「母子健康手帳」「妊婦健診助成券(14回分)」を受け取ることが出来ます!

妊婦健診助成券を持っていると妊婦検診がとってもお安くなります。

アラレぽ
アラレぽ
受診券・受診票・補助券とも言いますね!全てが無料にはなりませんが、私の場合大きな検査がなければ、1回の自己負担額は0円~600円ほどでしたよ!

無くしてしまった場合再発行ができない場合が多いので注意してください。

もし無くしてしまった場合は、市区町村の役場や総合保健センターへ連絡しましょう。

再発行ができなくても、自己負担分の領収書等があれば後日妊婦健康診査助成金制度(償還払い)を受けられる場合もあるようです。

↓妊婦健康診査助成制度についてはこちらをご覧ください!

また自治体によっては、母子手帳や助成券の他に、マタニティホルダー、妊娠中・出産後の様々なご案内、等色々なものを頂けたりもします。

中には「歯科検診補助券(1回分)」などを受け取れるところもあるみたいです。

ちなみに私は、「マスク」と「父子手帳」をもらいました!

父子手帳は薄めのお父さん専用冊子でしたが、中にはお母さんの妊娠中の大変さや、NGな行動等が書かれていました。

父子手帳の交付は任意だったのですが、自分だけでなくお父さんにも自覚をもってもう為に、受け取れてよかったなぁと思っています。

思い出だけじゃない!母子手帳があなたと赤ちゃんの命綱です!

最後にこの記事のまとめです。

  • 母子手帳(母子健康手帳)がもらえるタイミングは4つ
  • 母子手帳もらえる場所は市区町村の役場・総合保健センター
  • 母子手帳をもらうためには妊娠届出書を提出する

母子手帳を受け取ると、妊娠したことを実感できますよね。

母子手帳には妊婦検診の結果や、産まれてくる赤ちゃんの情報を記載していく他にも、妊娠・出産・子育てにまつわる様々な情報が載っているので、読むだけですごく勉強になります。

最後になりましたが、母子手帳にはとっても大事な役割があるんです。

それは、赤ちゃんとお母さんを自身守るれることです。

母子手帳には、「かかりつけの病院」「緊急連絡先」「妊娠中の体調や気持ちの変化」などを書く欄があります。

しっかりと必要事項を書き込み持ち歩くことで、もし何かあったときに、赤ちゃんそしてお母さん自身を守ることが出来るんですね。

妊娠中はホルモンの変化が本当にすさまじく、体調が急激に変化しやすいです。

アラレぽ
アラレぽ
私もずっとスポーツをやってきていたので健康にはそれなりに自信があったのですが、ホルモンバランスの変化にはなすすべがありませんでした

実際に私は妊娠中、救急車で運ばれたんですね。

意識が遠くなる瞬間もあったのですが、

  • 普段の体調
  • お腹の赤ちゃんの動き
  • お腹の張り具合
  • 緊急連絡先

などを母子手帳へ記載し持ち歩いていたため、口頭で説明せずスムーズに対応していただけ本当に助かりました。

まさに命綱ですね。

書いておけば後で見返した時に思い出にもなりますし、その内容が赤ちゃんと自分を守ることにつながるので、母子手帳を受け取ったら一度中身を確認し、身体の変化や必要事項をしっかりと書いておきましょう!

最後になりましたが、私の失敗談についてです。

アラレぽ
アラレぽ
実は私、心拍が確認出来る前に母子手帳もらいに行きました(笑)

その時の話は長くなるので、気になる方はこちらから!

ということで今回はここまで!

今日も自分にご褒美を!

Posted by アラレぽ